読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメから韓流へ

どうやら海外のオタク達の多くは、アニメから韓流への移行を開始したようだ。

 

海外アニメファンは実はK-POPも好き

前々から思ってたんだけど、海外のアニメオタク達は同時にK-POPのファンでもあることが多い。YouTubeで最新のK-POPのMVのコメント欄を眺めていると、意外に多くのアニメアイコンが目に付く。そういう人達のツイッターを覗いてみると、アイコンは日本のアニメなんだけど、ヘッダー画像はK-POPアイドルで、Bioは日本かぶれっぽい日本語というパターンが多い。私たち日本人にとって、イタリアとスペインの区別はほぼ全くつかないけど、それと同様、彼らにも日本と韓国の文化的な違いは全く分からない。それこそSUSHIとKIMCHI程度。

 

今世界的に韓流ブームが最熱している

韓流ブームの風を、個人的にだけど、今とても強く感じてる。最近だとTWICEやBLACKPINKはとてもホットなグループで、TWICEのMVは億再生を突破している。まあ韓流ブームというより、最近は東アジアのコンテンツが結構流行ってる。でも日本アニメは実際にはまだかなり敬遠されつつあるのが現状だ。残念だけど、やはり韓流の方が取っ付きやすい。日本アニメはまだまだHENTAIのイメージが根強い(実際そうなんだけど)

 

韓国人が描く日本アニメのイラスト。韓国人は自身の売り方が上手い

これはつくづく思うんだけど、韓国人は日本人より自分の売り方が上手い人が多い。というより、英語を使えて、色んなプラットフォームにイラストを投稿して、より多くの人に見てもらうっていうのが上手。日本人のイラストレーターって、pixivかツイッター、良くてTumblrぐらいしか使わないんだけど、韓国人は違う。DeviantArtとか、Patreonとかも使うし、あとはコミッションとかも全然積極的。ハングルが分からなくても「あっいいな」と思った人はどんどんフォローするし、そういう空気作りが上手いように感じる。

 

K-POPへの移行

それで本題なんですけど、最近はアニメがあんまり流行らなくなって、K-POPの大波が結構キテる。まあそもそもジャンルが違うじゃんって話だけど、意外とそうでもない。案外共存するかもしれないけど、このまま日本アニメが忘れられてしまうんじゃないかって結構な不安がある。できれば共存してほしいけど、少し前までアニメアイコンだった海外のオタクが、アイコンをK-POPのアイドルに変えたりしているのを見てると、海外での日本アニメの立ち位置はK-POPに押されつつあるのが事実としてあるんじゃないかなぁって。

 

韓国が嫌いなわけではない

一応言っておくけど、僕は韓国が嫌いというわけではなくて、むしろかなり興味ある。萌えイラストは可愛いし、知ってる韓国のデザイナーやフォトグラファー、DJとかアーティストは魅力的な人ばっかり。K-POPもかなり聴くし、最近はLim Chang Jungってアーティストにハマってる。それでも、日本アニメが忘れられてしまうかもっていうのは、やっぱりちょっと悔しい。韓国は大好きだけど、同時にライバルでもあると思う。

 

日本アニメ頑張れ

日本アニメ頑張れ

 

Lim Chang Jung - Open The Door

https://youtu.be/FLPLgJqeZJw

 

 

 

音楽を聴くならiPhoneかAndroidか

正直、iPhoneMacが無いとかなり不便です。だからといって、Android端末はXperiaとGalaxy以外カッコ良くないですし、上の二つはiPhone並に価格が高いです。

 

音楽を聴くなら…

これは僕にとってガチの最大の問題です。普通にJ-POPを聴くのならiPhoneがベストだと思いますが、僕はBandcamp、SoundCloud、或いはMaltine Records等に代表されるような、ネット系の音楽を主に聴くからです。たぶん皆さんもbanvoxとかは聞いたことあると思います。

 

ネット系の音楽でなくても、普通にインディーズの音楽を聴くなら、Macを持ってない自分にとってはAndroidがベストでした。なぜならiPhoneはサーバーから配布されている音声ファイルをダウンロードする機能がSafariは勿論、Chromeからも削除されているからです。一応Mercuryブラウザや、Document5、JK御用達のClipboxなど抜け道は用意されているのですが、それらを使ってアルバムをダウンロードしてもiPhoneのMusicアプリにはアルバムが表示されません。なぜなら、iTunesの音楽は「var/mobile/Media/iTunes_control/Music」に保存され、iPhone単体ではそのフォルダにアクセスできないからです。Jailbreakすればアクセスできるようになりますが、そこまで面倒なことはしたくありません。困った。

 

ていうか別に、Windowsパソコンを起動して、そこからアルバムをダウンロードして、iTunes for Windowsを使ってiPhoneにアルバムを転送すれば良いじゃないか!と思うかと思います。でもそれって面倒くさくないですか?どう考えてもスマホのブラウザから直接アルバムをダウンロードして、音楽アプリですぐに再生できた方がいいじゃないですか!

 

その点Androidは優秀です。Bandcampだろうがなんだろうが、音声ファイルならワンタップでダウンロード可能ですし、全てデフォルトの再生アプリに表示されます。これは寧ろR18の射精管理同人音声などもMusicアプリに表示されてしまうことになりますが、大抵のAndroidにはプライベートモードという紳士用のファイル区分け機能があり、そこにぶち込めば普段はMusicアプリに表示されなくなります。めっちゃ便利です。

 

じゃあAndroidで良いじゃん!何を悩んでるの???

確かに。確かにAndroidで万全なのでは?そう思いがちです。しかしAndroidも万全ではありません。そう、その問題は、僕は普段あまり聴かないJ-POPにあったのです、、、。

 

Google Play Musicはありえないほどクソ不便

先ず言っておきますが、Google Play Musicは信じられないほど不便です。信じられないです。iTunesの使いやすさはスゴイと思いますね。

 

見づらい!めっちゃ見づらい!


f:id:zerasuke:20170128122709j:image

なにこの2アルバム構成。めっちゃ見辛い。最大で4つしかアルバム表示できません。音楽が探しづらいです。

 

アートワークが無

アートワークが無です。たまにあります、アートワークが紐付いてないやつ。最新のアルバムでもめっちゃあります。特にアニソン系に目立ちます。
f:id:zerasuke:20170128122939j:image
f:id:zerasuke:20170128122945j:image

楽曲数が少ない

これ一番ヤバイです。楽曲数がめっちゃ少ない。iTunesの四分の一くらいです。ヤバイです。

 

Google Play Storeからダウンロードした楽曲は、Google Play Music以外の再生アプリに楽曲が表示されない


f:id:zerasuke:20170128123347j:image

これは僕が使ってるSamsung Galaxy S7にインストールできるSamsung Musicという音楽管理アプリですが、めちゃくちゃ使いやすくて重宝しています。が、Play Storeからダウンロードした音楽はここに表示されません。ファイルの操作もできません。つまり自分でアートワークを付け加えることも不可です。クソ不便。困った。

 

総評、どちらも不便だが、どちらかというとiPhoneの方が便利

やはり音楽を聴くならiPhoneのようです。パソコンがあればネットレーベルのアルバムもMusicに追加することができますし、音質も良いと思います。iTunes Storeで買った楽曲にアートワークが付いてないなんてこと一切ありません。楽曲数も豊富です。iPhoneが高い場合はiPod Touchという手もありますし、何よりおしゃれです。音楽聴くならiPhone!!イエー!